2019年05月31日

フライング・ホヌ就航

 
私が「航空」をテーマに連載コラムを寄稿している旅行・観光専門サイト『トラベルボイス』で、空飛ぶウミガメを塗装したANAのエアバスA380「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」就航の解説レポートが公開になりました。5月31日(金)のトップ記事として掲載されています。

090531

オール2階建てのA380の特徴である類いまれなスケール感や乗り心地、ハワイ路線に超大型機を導入する背景などについては、記事でも詳しく解説しています。私もこれまでシンガポール航空ルフトハンザ大韓航空などの日本からの就航初便を乗り継ぎ、この飛行機がいかに快適であるかを実感してきました。

ただしA380には、一度に500人以上が乗る大型機ゆえのネガティブなイメージもあるようです。一部利用者から届いているのは「到着空港でそんなに多くの人たちが入国審査の列に並ぶことを想像すると恐ろしい」「出国時のチェックイン手続きにもだいぶ時間がかかるのではないか」といった懸念の声。今回はそうしたポイントについても取材し、実際はどうであったかをレポートしています。

この1、2年は『トラベルボイス』へ寄稿する頻度が減っていましたが、今回のフライング・ホヌ就航のレポートを機に、6月以降も引き続き「航空」に関する話題を同サイトで定期的にお届けしていこうと思っています。掲載になったときはBlog『雲の上の書斎から』でも報告します。

≫≫≫「ハワイに就航した超大型機「A380」、そのスケール感から乗り心地、ANAの戦略まで専門家が解説した

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books