2019年02月20日

オスカーの行方

 
ご覧の写真、何だかわかりますか? 世界的な映画の祭典「アカデミー賞」の授賞式が開催されるハリウッドのドルビー・シアターです。4年前に取材で訪ねたときに撮影しました。レッドカーペットを敷き詰めたこの階段を、ノミネート作品の関係者や俳優たちが踏んで優雅に入場していく。いよいよ今週末に迫った2019年(第91回)のオスカー像は、どの作品の頭上に輝くのでしょうか。

190220

ところでここ数年、アカデミー賞授賞式の視聴率が低迷しているといいます。一番の理由は、選ぶ側と一般視聴者のあいだに乖離が生じていること。たとえば昨年(2018年)の作品賞を受賞したギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』の興業収入は約5,700万ドル(約63億円)だったのに対して、賞を逃したクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』はアメリカだけでその3倍にあたる1億8,000万ドル(約198億円)を稼ぎ出しました。芸術性に重きをおくか、興業成績やファンからの支持も選ぶ指標にするか。アカデミー賞はひとつの岐路に立たされているのかもしれません。

さて、今年(2019年)の最有力候補といえば、最多10部門にノミネートされているアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』でしょう。アメリカのニュース誌『TIME』やニューヨークの映画批評家協会からはも昨年のベストワンに選ばれました。1970年代のメキシコシティの高級住宅街「ローマ」を舞台に、ある中流家庭の波乱に満ちた1年を一家に仕える若い家政婦の眼を通して描いた作品です。

このキュアロン監督の自伝的映画『ROMA/ローマ』の放映権を獲得したのがネット配信の大手Netflixだったことでも、話題を集めました。そのためアメリカでは一部の映画館で上映されただけで、あとはネット配信のみ。日本でも昨年12月からネットのみで公開されています。ネット配信の映画がオスカーを手にすれば時代の大きな転換期を象徴する出来事となるだけに、注目です。

S.Akimoto at 00:02│海外トピックス | 映画・音楽
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books