2018年08月23日

ステーキの超有名店

 
インディアナポリスのダウンタウンの中心部にあるホテルに滞在しています。一歩外に出ると、この周辺にはとかくステーキハウスが多い。高級そうなステーキハウスが軒を連ね、専属のシェフたちが腕を競っているとガイドブックにも書いてありました。「ディナーでおすすめの店は?」とホテルのフロントで聞いても「ステーキだね」と返ってきます。

180823-1

そのなかでも、地元の人たちがイチ押しというステーキハウスの超有名店『Harry and Izzy's』を予約し、訪ねてみました。店内はごらんのようなしゃれた雰囲気〔写真上〕。そしてここの看板メニューが、前菜としてオーダーする激辛のシュリンプカクテルです〔写真下〕。地元っ子たちの英語でのレビューで「とにかく一度食べてみろ」とか「この辛さをなめるなよ」とか書いてあり、私も気になって注文してみました。

180823-2

大ぶりのシュリンプにまぶしてあるソースを、ちょっとだけフォークでとって口に入れてみます。最初の数秒は「え、ワサビ味?」と意外さに驚き、そのあとで「ギャーッ」と叫んで目からあふれ出る涙。これは半端ありません。けれどシュリンプにからめて恐る恐る食べてみると、エビの身の淡泊さが辛さを消してくれて、クセになるほど絶妙な味に変わります。「とにかく一度食べてみろ」も「この辛さをなめるなよ」も、なるほどと納得できました。

180823-3

メイン料理には「SURF 'N TURF」というやわらかなフィレステーキと南アフリカ産ロブスターのセットをチョイスしました。こちらも絶品でしたが、ごらんのようにものすごいボリュームで、かなりのカロリー過多に。これから2日間は断食します。

S.Akimoto at 01:27│アメリカの旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books













About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。