2018年05月29日

ダッチハウス

 
前回の更新から1カ月が経ってしまいました。サボるつもりはないのですが、時の過ぎるのは本当に早い! 本を書いたり雑誌に寄稿するエッセイなどをつづる合間に、息抜きも兼ねてブログ更新頻度をもっと高めようと気合いを入れ直しています。そこで今日は「ダッチハウス(Dutch House)」の話──。

180529

ご覧のミニチュアの置物は、オランダの伝統的な家をかたどった陶器のボトルで、なかには同国生まれの蒸留酒ジュネヴァが入っています。KLMオランダ航空のビジネスクラスに乗ると、プレミアムギフトとして機内でどれか一つがもらえます。一つひとつ形が違うので、同社便で世界を飛び歩きながらコレクションしている人も少なくありません。中身を空けたら、一輪挿しとしても使えます。

種類はいまも少しずつ増えていて、現時点ではたしか98種類くらいになったとか。上の写真はそのうちの20点で、ホテルオークラで4月に実施された同社の新しいビジネスクラス機内食の発表会のときに撮影しました。本社から来ていた幹部に「欲しいですか?」と訊かれ、大きくうなずくと、にっこり顔で「たくさんフライトを利用して集めてくださいね」と言われてガックシ!(笑)

ところでKLMオランダ航空では、2018年3月26日から成田発アムステルダム行きのビジネスクラスで、好きな時間に好きな料理を楽しめる「Anytime For You」という新サービスを開始しました。発表会に同行してもらった旅&グルメライターの古屋江美子さんが本日、そのレポートを旅行・観光専門サイト『トラベルボイス』で公開しています。興味のある方はこちらからどうぞ。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books