2018年02月16日

北欧グッズが好き

 
おしゃれで機能的な北欧デザインが好きです。東京・湯島の『雲の上の書斎』も、北欧グッズがかなり増えました。応接スペースのサイドボードにはマリメッコのカップ類が並び、窓のカーテンも北欧製。訪ねてくれた人たちにはイッタラ製のグラスで飲み物などをもてなしています。

180215

取材でフィンランドのヘルシンキへ行くことが多く、時間があればよく港沿いの道を散策します。何のあてもなく歩いていると目に入るのが、しゃれた小さなグッズ店。シンプルで温かみのあるデザインで、使えば使うほど愛着が増す一品も少なくありません。「寒さの厳しい冬場は、北欧の人たちは家の中で過ごす時間が多くなります。だから毎日の生活で使う雑貨にも、自然と気持ちを込めるようになるんですよ」と店の人が話していました。

現在私が注目しているのが「PENTIK」というブランドです。もともとは1971年にPENTIK家という一つの家族が立ち上げた陶器などを扱う小さなショップでした。母親のアヌさんが自身でデザインし、愛らしく日常的に使いやすいアイテムが多くの人の心をとらえたそうです。看板商品は陶器類ですが、私はトナカイのグッズなどをいくつか手に入れました。

いま「欲しいなあ」と思っているのは、上に写真を掲載したマグカップ・フォルダです。コーヒーを注ぐと、切り込みのトナカイのデザインが浮かび上がります。前にヘルシンキ郊外のオフィシャルショップに行ったときは時間がなくて買えなかったので、次の機会にはぜひにと思っています。

S.Akimoto at 22:41│ヨーロッパの旅 | 湯島だより
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books