2017年12月05日

ラップランドの旅

 
ビジネスマンの読者が多いメディア『PRESIDENT Online』で私の「飛行機と旅」をテーマにした不定期での寄稿が始まりました。せっかく仕事で海外に行くなら、もっと旅も楽しんできてはどうか。そんなことを、私自身の実体験をもとに提案していくエッセイ&レポートです。

171205-1

本日から公開になった記事は「オーロラ観賞と本場のサウナを楽しむ」というのがテーマ。オーロラハンティングというと、多くの人から「北欧は遠そうだ」「寒いのは苦手で」という感想が返ってきます。そんな誤解を解くため、防寒対策の重装備が必要な真冬のシーズンを避け、秋に2泊4日の手軽な旅行を実施しました。写真はキッティラ空港からクルマで1時間、オーロラ観賞のメッカであるトラシエッピ湖の周辺です。地元の人にガイドをお願いし、緑深い森の奥へファットバイクで入っていきました。

成田から利用したフィンエアーの最新機材、エアバスA350でのフライトについても報告しています。ヘルシンキ行きは今年6月から夏スケジュールのあいだだけ増便され、その増便分の機材としてA350が成田線に就航。10月末の冬スケジュールからはまた1日1便体制に戻りましたが、成田−ヘルシンキ線は引き続きA350で運航され、ヨーロッパへの旅がますます快適さを増しました。

171205-2

これから来年にかけてもさまざまな旅の取材を計画しています。まずは今週末から年内最後の海外へ。どういう形での連載になるかはまだ固まっていませんが、驚きと楽しさがあふれる報告を書いていくつもりですので、ご期待ください。

≫≫≫「休日はあえて遠くへ 〜非日常体験で疲れを癒す旅

S.Akimoto at 11:57│ヨーロッパの旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。