2017年08月30日

韓国語版の新著

 
届いたメールのタイトルに「出版おめでとう!」とあり、開いてみると、韓国KBSテレビのプロデューサーからでした。おお、と私は呟きます。ソウルなどの書店にも並びはじめたんだな、と。2015年7月に出した『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)が韓国語に翻訳され、同国内で発売になったのです。

170830-1

台湾や中国で刊行されている中国語版と同様、私の著書はこれまで数冊、韓国語にも翻訳されてきました。『旅客機の疑問100』の翻訳契約を締結したのは1年前。今年に入って「翻訳の内容をチェックしてほしい」と連絡がきたものの、私はハングル文字が読めないのでチェックしようなく、お任せすると返事をしました。送られてきた完成見本を見ても、著者名すらハングル表示だし判型(本のサイズ)もずいぶん違うので、自分の著書という実感がありません。もちろん中身は、目次の順番も使われている写真もすべてオリジナルのままなので、間違いなく私の本なのですが。

連絡をくれたKBSのプロデューサーは私の友人で、彼とは4年前に南アフリカ共和国の少数民族を訪ね歩いたときに現地で会いました。世界のさまざまな文化や人々の生活を伝える「The World at your Door」という番組の制作班として、カメラマンと女性キャスターをともなって現地に来ていたのです〔写真下〕。女性キャスターからは私もインタビューを受け、韓国で3回に分けてオンエアされた番組に出演しました。

170830-2

彼は書店で私の本を見つけ、手に取ってくれたのでしょう。「ソウルの知り合いやマスコミ関係者にも広めておくよ」と言ってくれました。自分の書いた本が、海を越えて多くの人たちの手に届けられる──著者としてこれほど嬉しいことはありません。

S.Akimoto at 08:57│書籍・読書 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books