2016年10月25日

坂のある街

 
執筆作業の合間に、ポルトガルのリスボンを歩いたときのことを最近よく思い出しています〔写真〕。路面電車がゆく石畳の細い坂道を、ゆっくりゆっくり登って高台へ。建物が切れた場所から見下ろす街並みの景色は、記憶に焼きついて離れません。坂のある街が私は大好きです。

161025

先週末に『リスボンに誘われて』という映画を観ました。原作は全世界で発行部数400万部以上というパスカル・メルシエの『リスボンへの夜行列車』です。読んでみようとずっと思っていて買いそびれ、つい映画を観てしまったけれど、やっぱり先に原作を読んでおけばよかったと後悔。アマゾンで購入しようとしたら現在は売り切れで、他の書店や中古本のネットショップでも在庫がないので、図書館で借りることにしました。

坂のある街は、ほかにもいろいろあります。有名なところではサンフランシスコや、イスタンブール。パリに行くと、下町のモンマルトルも必ず訪ねます。今年5月に訪ねたクロアチアのドゥブロヴニクも坂の街でした。

今年はこれまで海外へ出たのはすべて仕事がらみだったので、来年は時間をつくって、好きな街をゆっくり歩きたいと思います。それまでは、近所の散歩で我慢しよう。ちなみにわが拠点『雲の上の書斎』がある湯島も、坂のある街です。

S.Akimoto at 08:31│ヨーロッパの旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。