2016年06月10日

武漢で食べ歩き

 
帰国してすぐに国内(福井)の取材に出ていたため、中国レポートが中断していました。今日は重慶に続いて訪れた内陸部の二つ目の都市、武漢の報告です。重慶から新幹線で6時間余り。到着したその日の夕方から、食べ歩きの旅が始まりました。

160610-1

とくに楽しかったのは、翌日の朝から訪ねた戸部巷の屋台街。幅4メートルにも満たない小さな路地が150メートルほど続き、道の両側にいわゆるB級グルメの屋台がずらりと並んでいます。私たちが足を運んだのは土曜日で、若者カップルを中心に地元の大勢の人たちが繰り出していました。

イカの丸焼き、羊肉の串焼きなどは4本で200円。それだけでけっこうお腹がふくれます。シュウマイもおいしそうなので買ってみました。最後に冷えた缶ビールを買って、名物「熱干麺」の屋台へ。太麺の汁なしラーメンの上に、肉やさまざまな調味料が乗って出てくるので、それをかきまぜて食べます。あえて言えば、カップヤキソバをかき混ぜる感じですが、味はもちろん大違い。モチモチの麺の食感が最高でした。

160610-2

朝や昼はこうした屋台で安く済ませ、ディナーは滞在した二晩とも本格中華や四川ダックなどの高級店へ行きました。高級とは言っても、日本円で一人2,000円ちょっと。飲んで、食べて、帰国したら体重が○○キロ増えていました。

S.Akimoto at 11:00│アジア・太平洋の旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。