2016年03月12日

雲の上のレストラン

 
先ほどfacebookにもアップしたご覧の写真は、NHK BSプレミアムのドキュメンタリー番組『驚き!ニッポンの底力──航空機物語』の収録現場での一コマです。ANAの整備工場にドックインして作業を終え、ピカピカになったボーイング787の機内で撮影が行われました。


番組ゲストの高橋英樹さんと大島麻衣さんが試食しているのは、実際にビジネスクラスで提供されている機内食です。高橋さんは和食に、大島さんは洋食にトライ。ANAは世界的な著名シェフたちが機内食をプロデュースする「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」を2013年9に立ち上げました。二人ともその味とクオリティの高さに驚いていたようです。

エアライン各社は最近、どこも有名レストランや一流ホテルとのコラボによる機内食の提供を始め、著名シェフたちの“秘伝の味”が雲の上で楽しめるようになりました。しかし、その「うまさ」を人の味覚が変わる高度1万メートルの上空で再現するのは、決して簡単なことではありません。ドイツのある研究機関は「上空では気圧や湿度、振動、照明などの変化の影響を受け、味蕾(みらい)の感度が地上の3分の1程度に低下する」と発表しました。気圧が低下すると味蕾細胞の働きが鈍り、甘いとかしょっぱいといった感覚が大きく失われて風邪をひいたときのような感度になるそうです。

ところで、試食している二人のうしろで、MCの高橋克典さんと私が何やら大笑いしていますね。どんな話をしていたのだっけ? 番組でチェックしてみてください。『驚き!ニッポンの底力──航空機物語』のオンエアは、本日夜9時です。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。