2016年02月14日

福井県若狭の旅

 
若狭を訪ねた紀行エッセイが、本日(2月14日)付けの『SANKEI EXPRESS』の「ZOOM」で掲載されました。相棒の写真家・倉谷清文氏とともに、昨年秋に旅した記録です。首都圏の各駅売店などで購入できますので、ぜひ手に取ってみてください。


若狭の旅は、倉谷氏の呼びかけで実現したものです。彼は若狭の出身で、以前から「一度来てほしい」と言われていました。景色はきれいだし、海の幸が豊富で、きっと気に入ってもらえると思う──と。たしかに彼の言うとおりでしたが、それ以上に印象に残っているのが、人々のやさしさと人懐こさでした。旅を通じて出会った一人ひとりの笑顔が、いまも目を閉じると瞼に浮かんできます。

上の写真は、若狭湾に突き出た常神半島の夕景です。そこで1泊した「竹中」といいう民宿では、夕食で出されたアオリイカの活き造りに感動してついつい飲みすぎ、翌朝遅くまで布団から出られずにいると「あんたら、遊びに来たんじゃないやろ。いつまでぐうたら寝てるの!」とおかみさんに説教されました(笑)。気さくなご夫妻が経営する小さな宿で、自分の実家に帰ったようにくつろいで過ごしたのを思い出します。帰り際に「おかみさん、また叱られにくるね」と言う私を、笑顔で見送ってくれました。

いい土地で彼は生まれ育ったのだな、と本当にうらやましくなります。その倉谷氏はいま、アメリカ西海岸のLAを取材中。私は明日からシンガポールへ飛びます。『SANKEI EXPRESS』の紙面を前にいっしょに酒を酌み交わせないのは残念ですが、お互い異国の地であの旅の思い出に浸りたいと思います。

S.Akimoto at 04:32│出会った人々 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。