2015年12月27日

有終の美

 
今年最後のBlog更新です。この1年も、いろいろありました。例年に比べて海外へ出た回数はやや少なめで、実感としては昨年の半分くらいに思えるのは、プライベートでの旅も多かったからかもしれません。それでも「充実した取材ができた」と感じるのは、2015年の海外のラストとなった北欧ラップランドの印象が強烈だったからでしょう。


苦労や失敗があっても、終わりよければ「いい1年だったなあ」と感じるものです。そういう意味でも、締めくくりというのはとても大事かもしれません。年末ぎりぎりまで仕事納めというわけにはいきませんが、取り組んでいる執筆も最後までしっかりやり遂げ、新しい年を迎えたいと思います。

趣味の競馬でも、今日は「有終の美」を飾ることができました。昨年秋の3歳クラシック最終戦・菊花賞での豪快な走りっぷりに惚れ込み、この1年間ずっと追いつづけてきたトーホウジャッカル、サウンズオブアース、ゴールドアクターの3頭。菊花賞をレコード勝ちしたトーホウジャッカルは体調不良で2015年の活躍はかないませんでしたが、同2着のサウンズオブアースと3着のゴールドアクターは、今年を締めくくる「第60回有馬記念」で見事なワンツーフィニッシュを決めてくれました〔写真〕。この2頭を軸に馬券を流していた私の小遣いもちょっぴり増えて、にやにやが止まりません(笑)。

来たる2016年は作家としての私にとって、おそらく大きな転機を迎えることになるでしょう。気分よく新年をスタートし、もちろん例年以上に体調面の管理にも万全を期しながら、勝負をかけたいと思います。みなさんにとっても、どうか素晴らしい、充実した1年でありますように。

S.Akimoto at 17:38│オフタイム | マイ・オピニオン
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。