2015年12月01日

聖夜の調べ

 
12月に入りました。東京の都心では、どこを歩いてもきらびやかなイルミネーションが目に飛び込んできます。そんななか、今日は夕方から、私の住む文京区にあるカトリック東京カテドラル関口教会へ。聖マリア大聖堂〔写真〕において、ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団によるクリスマスコンサートが開催されました。


東京カテドラルでのクリスマスコンサートは、今年で10回目を迎えます。海外の優れた合唱団を毎年、教会という特別な舞台に招いて開催してきました。その第1回目が、今回と同じロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団。ロシアの合唱芸術は19世紀、ラフマニノフやチャイコフスキーなども作曲していたロシア聖歌の発展と結びつき、日本でも知られるアレクサンドル・スベシニコフにより設立され歩みを続けてきました。

恒例となったこの教会コンサートには、いつも「行きたい、行きたい」と思いながら、ここ数年は同じ時期に海外での仕事が重なってやむなく断念。運よく今年はスケジュールが合い、早い時期に席を確保できました。

ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団の来日は、2012年以来3年ぶりとか。クリスマスコンサートは11月26日の千葉を皮切りに28日の兵庫、29日の大阪と続き、今日の聖マリア聖堂が最終日です。19時過ぎに開演して、バラキエフの「天からの予言」やチャイコフスキーの「主を褒め讃えよ」のほか、ロシア民謡「トロイカ」やヴェルディ歌劇「椿姫」の「乾杯の歌」など全23曲。美しく重厚なハーモニーによる聖夜の調べに魅了された夜でした。

S.Akimoto at 22:46│オフタイム 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。