2015年08月04日

下町の話

 
この時期、毎週土曜日になると各地で花火大会が開催されます。先週は私の住む街でも1万発を超える花火が打ち上がったほか、今週末には東京湾でも恒例の大華火祭が予定。晴海埠頭などは多くの人出でにぎわうでしょう。


東京の下町で育った私にとっては、最も馴染みの深いのが隅田川の花火大会。今年は7月25日に開催されました。第一会場と第二会場を合わせ、計2万発が打ち上がる光景は圧巻です。ただし隅田川花火大会の欠点は、観賞する土手や河川敷がないこと。訪れた人たちの多くは、立ち止まることができず、ずっと歩き続けなければなりません。そんな中でこの日ばかりは最高の夜を過ごせるのが、隅田川沿いのマンションに暮す人たちです。

私の学生時代の仲間にも、吾妻橋と言問橋の中間の川沿いに部屋を持っている人がいます。それも9階建てマンションの8階に。花火鑑賞に、これ以上のロケーションはありません。彼は「花火の日は毎年、知り合いや友人たちに部屋を開放する」と言っていました。本人の仲間や奥さんの知り合い、息子と娘の同級生など30人近くが集まり、ベランダから見える花火を楽しみながら飲み食いに興じるそうです。そして来客が全員帰ったあとで、ときどき騒動が持ち上がるのだとか。

「キッチンの近くで輪になっていた若い3人組は、タカシ、お前の同級生か?」
「え、違うよ。ヨシエの友だちじゃねーの」
「私の友だちじゃないよ。私はお母さんの教え子だと思った」
「あら、知らないわ。じゃあ、誰? また知らないグループが入ってきてたのかしら」

東京の下町とは、そういうところです。オープンなのはいいのですが、他人に無防備で。私も、30年ほど暮した郊外を離れ、そんな下町にもう間もなく戻ります。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。