2015年07月12日

デルタ航空協賛試合

 
神戸&姫路ツアーから帰京し、その足で訪ねた一昨日の東京ドームは、読売巨人軍のサポーティングカンパニーを務めるデルタ航空の協賛試合でした。金曜日のナイターで、しかも伝統の巨人vs阪神戦とあって、スタジアムは超満員。デルタ航空日本支社の広報の方々にバックネット裏の特等席にご招待いただき、感謝感謝です。


この日は先着2万名に巨人軍とデルタ航空のロゴ入り特製うちわがプレゼントされたほか、モデルプレーンやオリジナルナップサックなどが当たる抽選会やマスコットレースのアトラクションなどがあり、スタンドもいつもと違う演出に大盛り上がり。試合は4対2で巨人が勝ち、ファンにとっても、協賛しているデルタ航空にとっても最高の形で終えました。

その結果を誰よりも大喜びしていたのが、試合が始まってから20分ほどして私たちの隣の席に到着した航空アナリストの鳥海高太朗氏です。熱狂的な巨人ファンである彼とは、昨年7月のデルタ航空の協賛試合にもいっしょに招待されて観戦を楽しみました。そのときも、巨人は相手の中日ドラゴンズに4対3で勝利。鳥海氏の応援パワーはすごいなあといつもながら感じています。

かくいう私は、じつは筋金入りのアンチ巨人です。昨年のblogでも告白しましたが、あのチームがどうしても好きになれません。今年は、神戸&姫路にいっしょに行っていた、熱狂的な阪神ファンである弟子兼アシスタントを羽田からそのまま連れていきました。そして二人で思い切り阪神に声援を送ったのですが、結果は鳥海パワーの前に敗北! ちくしょ〜。あ、あまり「アンチ巨人」を連呼すると、もうデルタ航空から招待が来なくなってしまうので、このへんにしておきます。まあ、楽しかったですけどね(笑)。

S.Akimoto at 16:35│オフタイム | 世界のエアライン
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。