2015年06月12日

雲竹雄三って、誰?

 
日本からフランス・パリに向かう飛行機に乗り込もうとしている人たちに、時代遅れのトレンチコートを着た怪しい男がいきなり声をかけます──「知ってるか? 日本に空港は現在97ヵ所!」。その人物の名は、雲竹雄三。この物語の主人公です。乗客たちにいちいちちょっかいを出してはエアラインに関する蘊蓄を披露する彼とともに、パリへのフライトが始まりました。


私が原作(監修)のマンガ『うんちくエアライン』(KADOKAWA/メディアファクトリー)が本日発売になりました。主人公といっしょに空の珍道中を繰り広げながら、エアラインや航空の楽しい世界を知っていただける、ちょっとユニークは1冊です。作画の担当は、若手の平尾ナヲキさん。『シャカリキ!』や『昴』などの代表作がある漫画家・曽田正人さんのアシスタントを経て、自身の作品づくりを続けています。1冊の本にする、というのは今回が初めての経験だったそうですが、とても頑張ってくれました。

雲竹雄三(うんちく・ゆうぞう)という主人公の名前は、もちろん私がつけたわけではありません。「マンガ・うんちくシリーズ」のいわばレギュラーで、いろんな物語に顔を出します。「航空」については彼もまだ完全にはわかっていない部分があり、自分でも驚いたり発見したりしながらの旅なので、そういう意味でも読者にやさしく伝わる入門書になりました。

7月半ばには、サイエンス・アイ新書(ソフトバンククリエイティブ)から久々に新刊『これだけは知りたい旅客機の疑問100』も出ます。現在、第2校のゲラ校正が進行中です。カバーデザインも間もなく決定し、通販サイトに画像がアップされると編集部より連絡が入りました。こちらはより広く深く「旅客機の世界」を解説していますので、併せてご一読いただければと思います。

S.Akimoto at 10:52│空の旅の資料館 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。