2015年02月17日

ワインの話

 
最近、ワインが好きです。料理に合わせてビールも日本酒も焼酎もウイスキーも飲みますが、仕事を終えた深夜などに、書斎でワインを抜くことが多くなりました。ワインを飲むのは、もちろん移動中の機内でも。facebookにもアップしたご覧の写真は、先週利用したフィンエアーのビジネスクラスでのものです。


写真を見ただけで「あ、フィンエアーのフライトだ」とわかる人もいるかもしれません。ワインが注がれたイッタラのグラスは、まるで繊細な氷の彫刻。窓から差し込む陽光を受けてキラキラまぶしく輝き、ワインの味わいをことさら高めてくれます。そして、グラスに添えられているライトグレーの紙ナプキンはマリメッコのデザイン。どちらもフィンランド人が心から愛するブランドです。

ん? 今日はいつもと違って洒落た文章を書くなァ──なんて思いました? はい。「ワインが注がれたイッタラの」から「フィンランド人が心から愛するブランドです」までは、仲間の旅ライターEさんのパクリです。季刊『航空旅行』のヨーロッパ特集(Vol.8)で彼女がフィンエアーを取材したときのレポートにそう書いていました(笑)。

さて、機内で試したこの赤ワインは、カリフォルニア・カーネロス地区のピノノワールです。魚料理をオーダーしたので本当は白がよかったのでしょうが、どうしても赤が飲みたくてクルーに相談したら、彼女は「これなら魚のグリルにも合いますよ」とすすめてくれました。辛口のミディアムボディで、オークの微香があり、これはうまい! ネットで注文しようと、いま調べ始めています。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books