2015年02月14日

ゾロか、たぬきか

 
エアバスの最新鋭機A350XWBの製造現場の取材で訪ねたドイツのハンブルクと南仏トゥールーズから、昨日戻りました。facebookにもアップしたご覧の写真は、A350XWBのコクピットを正面からとらえたものです。トゥールーズのモックアップセンターで撮影しました。


顔つきは、ボーイング機はもちろん、従来のエアバス機ともずいぶん変わったという印象を受けます。6枚に分割されたコクピットの窓枠が黒くペイントされ、精かんさが増しました。これについて、案内してくれた女性スタッフとちょっとしたやりとりがあり、近くにいた現場スタッフたちに大笑いされたのを思い出します。

「目のまわりが黒く塗られたこのスタイル、日本でもヒコーキ好きの女子らの間で好評ですよ」と私。「たぬきが空を飛んでいるみたいで可愛いね、って」
「タネキ? タネキって、何ですか?」
「タネキじゃなくて、たぬき。Raccoon dog」
「Raccoon dog! あらま。何てことを! 私たちは“マスク・オブ・ゾロ”みたいでカッコいいと思っていますのに」

マスク・オブ・ゾロ。おお、なるほど。言われてみれば。たぬきはちょっとマズかったかな(笑)。けど、言っちゃったものは仕方ない。私はうやむやに笑い飛ばして、脱出用ハッチのことに話題を変えました。A350のコクピットは窓が開かないので、脱出用のハッチを副操縦席側の天井部分に設けているんだね──とか何とか。女性スタッフにもすぐに笑顔がもどり、その後も楽しく取材を進めました。

S.Akimoto at 17:55│航空機&メーカー 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。