2014年11月04日

窓側ソロシート

 
行楽の秋の3連休──みなさんはどこかへ出かけましたか? 私は相変わらず書斎にこもっての原稿書きでした。月末の入稿に間に合わなかった仕事を、昨日までの3日間ですべて終え、今日は成田空港の第1ターミナルに来ています。ところで、先ほどfacebookで出したクイズの答えは、機種が「エアバスA380」で航空会社は「タイ国際航空」でした。


これから向かうのは、タイのバンコク。バンコクには昨年から今年にかけて何度か訪れていますが、A380で運航するTG677便(17時30分成田発)を利用するのは、同社のA380のデビューとなった2013年元日の就航初便を航空写真家のチャーリィ古庄氏と取材して以来。「スタッガード型」のシートが配置されたご覧のビジネスクラスでの旅も、約2年ぶりです。

スタッガードとは、英語で「互い違いの」「ジグザグの」という意味。その名のとおり、シートが前後で互い違いに、2本の通路をはさんで横一列に“1-2-1”のレイアウトで配置されています。ANAをはじめスイスインターナショナルエアラインズアリタリア-イタリア航空など、最近はこのスタッガード型を採用するエアラインが増えました。

カップルで利用する場合は中央の隣合わせの席がおすすめですが、一人で乗るなら窓側ソロシートの、物置テーブルが通路側でシートが奥(窓際)にある席がベスト。本当に落ち着きます。私も事前予約で「A」列を確保しました〔写真〕。プライベート感が抜群に高いこのシートで、間もなくバンコクまでの約7時間のフライトに出発します。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。