2014年10月07日

“下山家”たち

 
フランクフルト中央駅に向かう途中で、店開きしていたホットドッグ屋の屋台に寄りました。街歩きでお腹が空いたので。ご覧のように、リュックを背負った数人の若者グループが並んでいて、けっこう混んでいます。登山靴を履いている人もいたので、中央駅から列車でスイス・アルプスにでも行くのかなと思い、順番待ちをしながら近くにいた一人に「山登り?」と訊いてみました。


「山登りというか、どっちかというと山下りだね」と言って、彼は笑います。「おれたち、下山家なんですよ」

久々に聞きました──「下山家」という言葉。ヨーロッパに多いのです。登山電車でどこかの山の中腹まで登り、景色を楽しみながらのんびりふもとまで下りてくるというレクリエーションを趣味にしている人たちが。体力にあまり自信がなくても「下山」ならわりとラクにできるし、それを日常の生活に取り入れている人たちにもドイツやスイスやフランスで何度も会いました。住んでいるアパートなどで、上りはエレベーターを使っても、下りは階段でと決めている人たちです。

パリの知人宅のアパートに以前、3週間ほど居候させてもたったときのことを思い出します。あの古いアパートはエレベータはあったものの、上り専用で、下りはみんな階段を使っていたなあ──と。エレベーターを1階まで下ろすボタンが各階についていて。そういえば、英米仏独語ともエレベーターは「上るもの」の意味で「下りる」の意味はなかったような。てなことをしばらく考えていたら、ホットドッグを買う順番が巡ってきました。

S.Akimoto at 19:07│ヨーロッパの旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。