2014年09月11日

リゾートLCC

 
ANA系のLCC、バニラエアの新しい二つの路線──成田から香港と高雄への航空券が、本日午後より発売になりました。香港線は今年11月2日から週3往復で運航をスタートし、運賃は片道8,000円から。また台北に次ぐ台湾2都市目となる高雄線は2015年2月1日から毎日1往復のデイリー運航で、片道7,000円からというリーズナブルな価格で売り出しています。


香港、高雄ともLCCでは関西からピーチが就航していますが、成田からはバニラエアが初。この二つの都市に首都圏からも格安で飛べることで、旅の選択肢はさらに広がるでしょう。

バニラエアには、就航直後の那覇線に昨年12月に乗りました。朝早い時間の出発でしたが、機内で購入した「パエリア風ごはん」を朝食代わりに食べながら、なかなか快適なフライトだったことを思い出します。前身のエアアジア・ジャパンととくに変わったと感じたのは、格安のキャンペーン運賃を除いて荷物を20キロまで無料で預けられるようになったこと。「リゾートLCC」を標榜する同社が、リゾートへ行く旅行者はお土産などで荷物が多くなることに配慮して始めたサービスです。

路線網も着々と広げつつあります。私がメイン特集のアドバイザーも務める季刊『航空旅行』誌では、今年7月に就航した奄美大島線をつい先日、仲間のスタッフが取材してきました。私も近く、別の路線で久々にバニラで飛んでみようかな。若い人たちに最近ブームという台北線などが面白いかも知れません。この秋にでも取材を敢行するため、早めに計画してみたいと思います。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。