2014年08月29日

鉄板焼きと靴磨き

 
誠Styleの連載『秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話』で先週からスタートしたJALレポートの4回シリーズ──「JALの最新ビジネスクラス『SKY SUITE 777』を創った男たち」。第1回テーマは「地上サービス」で、空港ラウンジなどの企画開発に取り組んできた顧客マーケティング本部・商品サービス開発部の玉置健一さんのインタビューをお届けしました。


そのインタビューにも出てきますが、JALは羽田空港国際線ターミナルで今年3月に開設したサクララウンジに続き、本日8月29日からはファーストクラスラウンジもリニューアルオープン。昨日は報道陣を招待しての披露イベントが開催され、私もお邪魔して、いままでのラウンジにはない“斬新なもてなし”を体験してきました。

いろいろ新しさを打ち出しているなかで、私が「これは“目玉”になるな」と感じたサービスが二つありました。一つは、シェフが目の前で鉄板を使って特製パンケーキや黒毛和牛&黒豚のハンバーグを焼いてくれる「鉄板ダイニング」。従来のブッフェスタイルの食事とは違った、いわば“食のライブ”サービスです〔facebookに写真を掲載〕。もう一つが、英国の高級靴メーカー、JOHN LOBBとのコラボで実現した「靴磨き」のサービス。旅に出る前の身支度として、お気に入りの靴が専門スタッフの手できれいに磨かれれば、気分も新たに海外へ旅立つことができるでしょう〔写真上〕。玉置さんがインタビューで話していた「新しいチャレンジ」の一端を垣間見た思いでした。

さて、4回シリーズでお届けするJALレポートの第2回も、先ほど誠Styleで公開されました。第2回テーマは「個室型フルフラットシート」。欧米線を中心に運航される777-300ERに搭載された革新的ともいえるシートの体験記と、開発に携わった裏方のインタビューで構成しています。第1回の「地上サービス」と合わせて、ぜひご覧ください。

≫≫≫「JALの最新ビジネスクラス『SKY SUITE 777』を創った男たち──第1回/地上サービス
≫≫≫「JALの最新ビジネスクラス『SKY SUITE 777』を創った男たち──第2回/個室型フルフラットシート

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。