2014年07月16日

決勝戦は雲の上で

 
応援していたアルゼンチン代表は負けてしまったものの、サッカーW杯ブラジル大会の決勝戦──最後まで目が離せないいい試合でした。翌日は寝不足で辛かったですが、この決戦を生で観ることができて、本当にラッキーだったと思います。出張などがぶつかっていたら、この感動は味わえなかったわけですから。


──と思いきや、じつはそうでもないことが判明しました。決勝戦の模様を、移動中の機内で生で観戦した人が、世界に4万人もいたというのです。高度1万メートルの雲の上で!

エアラインの機内サービスはどんどん進化し、とくに上級クラスでは各シートに装備されるモニターも大型化しています。映画や音楽のほか、テレビ番組もオンデマンド配信で放送時間より後になって視聴できるようになっていますが、最近はスポーツイベントなどを中心に生でリアルタイムにテレビ観戦できるサービスも広まりつつあるのだとか。今回のW杯決勝戦も、ルフトハンザトルコ航空エミレーツ航空など9社が運航する約200機で視聴可能だったことが報告されました。

先ほど季刊『航空旅行』のFacebook Pageにもアップしたご覧の写真は、エミレーツ航空が誇る豪華ファーストクラス「プライベートスイート」です。個室型シートで、正面には大型モニターが完備。ここでワインを飲んでくつろぎながらのサッカー観戦は、最高だったでしょうね。エミレーツ航空の“凄さ”については、中東のエアラインにフォーカスした同誌夏号(Vol.10)で余すことなくレポートしました。今月30日に発売です。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。