2014年06月28日

LCCの安全基準

 
国土交通省は昨日、エアラインパイロットの年齢制限を現在の64歳から1〜2年程度延ばす案を示しました。運航中止が相次いでいる国内LCCのパイロット不足の解消が目的のようです。私もいくつかのメディアでLCCの独自体質や弱点について伝えてきましたが、一番大切な「安全面」でいうと、この国交省案はどうなのでしょうか? 気になるところです。


LCCの安全性については、不安を抱いている利用者も少なくありません。「効率性を何よりも重視するLCCは航空機の整備のやり方も大手とは違うのか?」といった質問が、ときどき私のもとにも寄せられます。“安かろう、悪かろう”というイメージがどうしてもLCCにはつきまとうのでしょう。しかし結論から言うと、航空機の基本的な整備手法は、LCCも大手も変わらない。LCCだけの安全基準など、当然のことながら存在しません。そのことを具体的に取材・レポートするメディアがほぼ皆無なので、誠Styleの連載『“飛行機と空と旅”の話』で書くことにしました。

航空機の整備は、各社とも航空機メーカーが作成したメンテナンスマニュアルに沿い、日本の航空法に則って実施します。このレポートを書くために取材したジェットスター・ジャパンの整備セクションのリーダーも「メーカーのプログラムを足しもせず、引きもせず──それが基本ですよ」と話していました。同社が運航するのは、LCCの“定番”であるエアバスA320。つまり彼の言う「メーカー」とは、エアバス社のことです。私が成田空港にある同社の整備現場を訪ねたとき、若手を含めた整備士たちがちょうど折り返し便のメンテナンス作業に当たっていた。

彼らの生の声も交えながら、LCCの整備についてできるだけわかりやすく書きましたので、興味のある方はぜひ以下からアクセスしてみてください。

≫≫≫「LCCの安全基準や航空機の整備手順は、大手とどう違うのか?

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books













About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。