2014年04月28日

“別館”をオープン

 
2006年の誕生日(4月20日)に書き始めたこのBlog『雲の上の書斎から』も、先週から早9年目に入りました。更新は原則として3日に1回。海外へ出たときはできるだけ毎日、現地から報告を書く──というのが自分に課した約束事です。8年間、よく続けてきたなあと、いま改めて感慨にひたっています。


ここまで続けることができたのは、やっぱり読者の力でしょう。コメント欄は理由があって何年か前に外してしまいましたが、毎回大勢の人たちに読んでいただいていることは伝わってきます。旅行ファンや航空ファンはもちろん、読者にはエラライン関係者やマスコミの人たちも少なくありません。原稿の執筆依頼なども最初の一報は「Contact」というBlogの窓口から届くことがほとんどで、編集者から「文章はブログのようなタッチでお願いします」と注文されたことも何度もありました。

さて、私がメインで取り組んでいる媒体の一つ、季刊『航空旅行』の春号(Vol.9)が明後日に発売になります。今号はANAの大特集で、私は巻頭のレポートを書いていますが、それ以外にもカンタス航空で行くシドニーの旅のレポート、そして新しい連載もスタートしました。

連載タイトルは『雲の上の書斎から ANNEX』です〔写真〕。つまりはBlogの“別館”で、このタイトルも編集部の強い意向で実現しました。「何でも好きに書いてください」という注文なので、好きに書きます。いままで誰も書いたことがない、とっておきの体験談を中心に。第1回目の「オイルマネー長者の求愛」は、ドバイからエチオピアのアジスアベバへ向かう機内が舞台です。ぜひ読んでみてください。

S.Akimoto at 23:31│空の旅の資料館 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。