2014年01月01日

書斎で初日の出

 
1年の計は元旦にあり、と言います。去年は元日のフライトでタイのバンコクに飛びました。タイ国際航空が成田線に新しく導入したエアバスA380の就航初便の取材です。2013年は結局、かつて前例がないほど外国を飛び回り、渡航回数は計20回に。国内線のフライトも20回近いので、元日から飛行機に乗っていると、本当に1年間ずっと乗り続けることになるんだなと実感しました。


さて、年が明けて、2014年の元日を迎えました。今年はどんなスタートかといういと、夜明け前にベッドを抜け出して書斎で原稿を書いています。私の通常の生活とまったく同じように。いまから少し前、6時40分頃に外が白み始め、今年最初の明るい日差しが現在は窓いっぱいに広がりました。

元日から原稿書きに追われていると、書斎にこもりつづける1年になってしまうのでは? はい、2014年はそういう年にするつもりです。旅人である前に、あるいは旅を伝えるレポーターである前に、今年は本来の「作家業」に集中しようと心に決めました。海外に出る回数も、去年の半分程度に抑えたいと思っています。かといってもちろん、仕事や取材のオファーを断ることはしません。どんな仕事でも依頼されたものは基本的には受けさせていただく。従来からのその方針は、今後も貫きます。では、どうするか? 私の周りには旅行ジャーナリズム、航空ジャーナリズムの信頼できる担い手がいるので、そのネットワークをフル活用して期待に応えていこう──そんなプラン(作戦)を立てました。私自身は物を書くことに少しでも時間を費やせるよう、スケジュール管理なども含めたアシスタントを置くことも考えています。

ということで、2014年は「変化」の年になるかも知れません。変われるよう、人と人とのネットワークもより深いものにしていきたいと思います。今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。

2014年元旦 秋本俊二

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。