2013年12月18日

明日天気にな〜れ

 
原稿書きに追われながら、天気予報との睨めっこが続いています。現在強めに降っている雨は、深夜にはみぞれに。ただ、最新情報だと雪にはならないというので、少しホッとしました。雨は明日の夕方まで止まないみたいですが。


博多での撮影&リサーチを終えて昨日帰京し、今週の残りは羽田と成田でエアラインの整備現場の取材が中心になります。今日はANAの退役を間近に控えたボーイング747のベテラン整備士(一等航空整備士)のインタビューが羽田でありました。技術の現場に従事する人たちの話というのは、いつ聞いても面白い。私ももともとエンジニア志望で、それが叶わなかった経緯もあって、ちょっぴり嫉妬しながら彼の人生について思いを馳せました。

さて、天気が気になるのは、明日の午前中から成田のランプエリアでジェットスター・ジャパンのライン整備取材があるからです。航空写真家のチャーリィ古庄氏をともなっての現場撮影がメインで、背景が大雨というのでは話になりません。同行する編集担当に「どうしよう?」と相談したら、彼女は「雨の日でも風の日でもしっかり整備をしていることを伝えるのも大事です」と前向きな返答。私も、そのとおりだと思いました。

でもでも、雨の中で取材するのは、イヤだなあ。寒いしね(笑)。で、苦しまぎれに先ほど、古庄氏にこんなメールを送ってしまいました──「何とか天気にしてくれよ。プロの写真家にとっては、空を晴らすのも“実力”のうちだろ」と。相手にしてみれば、単なる言いがかりですね。ごめんね、チャーリィ。

S.Akimoto at 23:18
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books