2013年11月01日

カタール航空とJAL

 
現地時間で10月29日に開催されたカタール航空のワンワールド加盟式典の取材から帰国しました。詳しくはメディアで近日中に報告を書きますが、首都ドーハで建設が進む新しい国際空港を会場に多くの関係者たちと会い、有意義な取材ができたと思います。ご覧の写真は、式典後に披露されたワンワールド塗装のボーイング777-300ER。またfacebookには、同機を取り囲む加盟各社の客室乗務員たちの集合写真をアップしました。


カタール航空は1994年に設立された新しい航空会社ですが、首都ドーハを拠点に世界130都市へ翼を広げ、国際運輸調査機関スカイトラックス社からは数少ない「5つ星エアライン」に認定されています。日本人旅行者の間でも人気が高く、777-300ERで運航する成田/ドーハ線は満席という日が少なくありません。私と同じ便に乗っていたビジネスマン風の男性も「サービスが行き届いていて、いつもとても快適な時間を過ごさせてもらっている」と評価していました。

現在は成田空港の第1ターミナル南ウイングを使用して、ANAとのコードシェア運航を続けていますが、ワンワールド加盟により今後はJALとの関係が密接になるでしょう。加盟式典にはJAL代表取締役会長の大西賢氏も列席し、式典後に私も少しお話しすることができました。

「ワンワールドは一貫してクオリティを追求してきたアライアンスで、ボリューム(チームを組むことによるスケールメリット)は高いクオリティのあとに自然についてくるというのが私たちの考え方です。その意味でも、素晴らしい仲間が加わったことを心から喜びたい」と、大西氏もカタール航空の加盟を歓迎していました。「質の高いサービスで多くの日本旅行者に評価されているカタール航空とJALが手を結ぶことで、今後はより高いシナジー効果が生まれると期待しています」

S.Akimoto at 11:09│世界のエアライン 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books














About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。