2013年10月23日

テレサとアンパンマン

 
作品づくりのための調べ物があって、マザー・テレサに関する本を何冊か読み進めています。テレサの言動には、考えさせられることが少なくありません。たとえば、自分の持っている物の一部を分けてやる。あるいは不要になった物品を送る。それなら自分にもできる気がします。けれど「なくても与える」となると、これはむずかしい。テレサは長年、この「なくても与える」生活を実践し「あっても与えない」ものへの無言の抗議を続けてきました。


愛は数や量ではない──と、テレサは言います。4歳の男の子が小さなビンに詰めた砂糖を彼女のもとに届けたことがありました。少年が何日間か食べるのを我慢してためた砂糖です。テレサ流に言えばたとえ少量でも、たとえ小さな行為でも、そこには「痛い愛」があります。

これ、何かに似ているな。何だったろう? ふとそう考えて、本を閉じ、しばらく瞑想します。そして思い至ったのが、アンパンマンでした。お腹をすかせて困っている人に、アンパンマンは自分の顔をちぎって食べさせる。本人が傷つきながらも人を助ける行為は、マザー・テレサの心に通じるのではないか?

写真は、アンパンマンとその仲間たちのマスコット人形です。二人の息子がまだ小さかった頃に持っていたものだと思うのですが、それがなぜかいまは私の書斎に。当時は映画『それいけ! アンパンマン』の新作が公開になるたびに、私は彼らを連れて映画館へ足を運びました。“引率役”にかこつけて、自分自身も毎回楽しみにしていたことが忘れられません。アンパンマンがピンチに陥り、危機一髪のところでカレーパンマンと食パンマンが助けに駆けつける。映画のそんなワンシーンに、ガッツポーズをとる息子たち。その横で私もいっしょになってこぶしを握りしめていたりして(笑)。今月の13日に、作者のやなせたかしさんが94歳で人生のペンを置きました。本当に残念です。心からご冥福をお祈りします。

S.Akimoto at 16:40│マイ・オピニオン 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books











About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。