2013年07月08日

アシアナ機事故

 
世界の主要空港には「ILS」という、空港近くの地上施設から電波を発射し、旅客機が飛行している上空の現在地点から滑走路の着地点まで目に見えない“道”をつくってやる装置が設置されています。このILSがあるため、旅客機はたとえ濃霧の視界がほとんど利かない中でも、安全に降りることができます。


ILSは機能していなかったのかなあ。着陸時に操縦していたのは機長ではなく、訓練中の副操縦士だったのでは? 米国サンフランシスコ空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故のニュースを聞いて、私の中でいろんな疑問がわき上がりました。その事故から丸一日が経過し、事実が少しずつ明らかになってきたようです。その中には「やっぱり」と思う点も少なくありません〔写真は某テレビのニュース番組より〕。

じつは昨日、テレビなどいくつかの電波媒体から、番組への出演オファーをいただきました。迷ったのですが、最終的にはどれもお断りして、いま進めている原稿書きに集中させてもらうことに。私の代わりに解説してくれる人はいっぱいいますし、むしろ航空評論を専門にする人のほうがいいと判断しました。多くの読者から「どの番組でコメントしますか?」と問い合わせをいただいたので、その答えとして今日はこんなBlogを書いています。

私は本来、評論家ではありません。航空ジャーナリストの肩書きで旅を取材する仕事などをしていますが、航空ジャーナリストである前に「作家」であり、できるだけモノを書く仕事に集中していきたい。そんな希望もあり、これからは従来以上に仕事の中心を作家業にシフトしていこうと考えています。

S.Akimoto at 18:27│航空関連ニュース 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books














About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。