2013年05月13日

エアライン年鑑

 
航空写真家のチャーリィ古庄氏から、ご覧の本が届きました。イカロス出版から2年に1度発行されている『エアライン年鑑』の最新版(2103−2014)です。執筆も写真も、もちろん古庄氏自身が担当。今年の1月1日にタイ国際航空のA380就航初便の取材でいっしょにバンコクに飛んだ際、現地で飲みながら彼は「膨大なデータや写真と向き合いながら、毎日必死で取り組んでいます」と言っていました。あれからもう4カ月以上になるので、ずいぶん時間を要したなあと思います。


ですが、ページをめくってみて、それだけ時間がかかったことも納得できました。この1冊の中に、世界のエアライン1,128社のデータが網羅されています。各社の解説に、古庄氏お得意の美しい機体写真が添えられて。

「先月の初旬までは作業にかかりきりで、ピーク時には毎晩、深夜の2時過ぎまで原稿書きと写真探しに没頭しました」と古庄氏は言います。「それだけに、こうして形になるとやっぱり嬉しい。苦労した甲斐がありました」

定価は2,800円(税込み)と高価ですが、世界のエアラインをテーマに取材活動を続ける私には欠かせない資料です。航空ファンの方なら、各国の個性的なカラーリングの機体写真を見比べてみるのも楽しいでしょう。これだけ豊富なヒコーキ写真を撮影し、ストックしている写真家は、世界中を探してもおそらく古庄氏のほかにはいません。

S.Akimoto at 18:24│書籍・読書 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books