2013年03月03日

実録世界のミステリー

 
毎週月曜日の21時より、テレビ東京で椎名桔平さんがナビ役を務める『実録世界のミステリー』という番組が放映されています。凶悪犯罪やハイジャックなどの事件を毎回取り上げ、独自取材により知られざる事実を解明していく人気番組で、次回3月4日のオンエア分では2005年にカナダのトロント国際空港で起きた航空機事故をクローズアップ。その番組に私も解説者として出演することになりました。


事故が起きたのは2005年の8月2日です。カナダのトロント国際空港で、パリ発のエールフランス航空358便(エアバスA340)が着陸後に滑走路から外れ、炎上しました〔写真〕。しかし機体の全損事故であったにもかかわらず、乗客297人と乗員12人の計309人は全員脱出。一人の死者も出さなかったことから、当時「奇跡の生還」などと取り上げたマスコミも少なくありません。事故当日の空港周辺は激しい雨で、雷による非常警報も出ていました。そんな中を、エールフランス航空358便はなぜ着陸を強行し、どういう形でオーバーランしたのか? 全損事故なのに、死者がゼロという奇跡はなぜ起こったか?

私は番組内で、主に「そもそも旅客機にとって雷は危険ではないのか?」「時速200キロを超える速度で着陸した機体はどんな仕組みで停止させるのか?」「滑走路の限られた範囲内で停止できなかった原因として考えられることは?」「全員脱出できた理由は?」といった部分に注目して解説します。興味のある方は、月曜日の21時にチャンネルを合わせてみてください。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books














About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。