2013年02月21日

ダブル・ランチ

 
19日の夜にシンガポール入りして、早くも滞在3日目です。これから日付けが変わる深夜の0時55分にチャンギ空港を発つスクートのTZ202便で台北へ向かうため、今日がシンガポールでの実質的な最終日でした。お昼は最後のランチとして、何かこの国らしいものを食べたい。何がいいか。昨日の朝、ホテルで面会したスクートCEOのキャンベル・ウィルソン氏に意見を聞いたところ、彼から「名物のチキンライスはどう?」というアドバイスがありました。


チキンライス──うん、悪くありません。ウィルソン氏は、カトン地区にある有名店「五星海南雛飯(ファイブスター・ハイナン・チキンライス)」をすすめます。カトン地区か。だったら、ラクサもいいかも知れません。カトンプラザの1階に、ラクサ発祥の店として知られる「マリンパレード・ラクサ」があります。

さて、どっちにしようか。迷いましたが、どちらも捨てがたい。考えがまとまらないまま、カメラマンの中西一朗氏とともにとりあえずカトン地区へ向かいます。MRT(地下鉄)の東西線に乗り、パヤ・レバ駅で降りて、そこからタクシーに乗り換えて。道中、中西氏に「どっちがいい?」と聞いても、彼も「どちらもいいですねえ」とずっと迷っています。

チキンライスか、ラクサか。どっちにしよう。今回はウィルソン氏おすすめのチキンライスにしようか。でも、ラクサも食べたい。どうしよう。結局私たちは、イーストコースト・ロード沿いにある五星海南雛飯の前でタクシーを降りました。そこでチキンライスを食べ、街なかを1時間ほど散歩してから、今度はカトンプラザへ。つまりランチを2回に分けて、両方とも食べたのです。さすがに、おなかがいっぱい!

S.Akimoto at 20:30│アジア・太平洋の旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books