2012年09月24日

セントレア

 
セントレアでのトークショー「上空(うえ)から目線の空の旅」が無事に終了しました。写真は、イベントに参加してくれた航空ファンのCさんが会場で撮影し、送ってくれたものです。パラダイス山元さんはお馴染み公認サンタの衣装で、柳家三之助さんも着物姿という噺家の正装で登場。トークの内容はご自由に、と言われていましたが、予想どおり話はまったく尽きません。あっという間の1時間でした。


いつも思うのですが、セントレアはすごい人出です。連休の週末とあって、この日も家族連れやカップルなど、たくさんの人たちが来ていました。年間でどのくらいの人が空港を訪れるのかな? そう思って調べてみると、2011年の来場者数は約1,100万人。そのうち国際線の利用者が440万人いて、国際線が450万人で……。あれれ、計算が合わないぞ。国際線と国内線を足しても890万人にしかなりません。残る200万人以上は?

セントレアには、じつは飛行機に乗る予定がなくても、レジャーにショッピングにと毎年たくさんの人が足を運びます。「アミューズメント空港」のパイオニアとして、空港スタッフや出店しているテナント関係者などが一体となり、まさに「いるだけで楽しい」空港づくりを進めてきました。伝統的な宿場町をテーマにした「ちょうちん横丁」とヨーロッパの路地をイメージした「レンガ通り」には数々のショップやレストランが軒を連ね、一歩足を踏み入れると、ここが空港であることをつい忘れてしまいます。

私自身も今回は、山元さん、三之助さんとともに金曜日の夕方からセントレア入りしました。当日のBlogでも報告したように、名物の展望風呂「風(フー)の湯」で汗を流したあと、他のメンバーとはターミナルビルから滑走路側にせり出すように続く展望デッキの最先端の下で営業している「アリスダイニング」で合流。ここはロケーションといい料理といい、文句なしにおすすめです。ナイト照明が灯火された夜の空港をバックに、フレンチの巨匠・石鍋裕シェフによる本格コースを満喫しました。

S.Akimoto at 02:11│世界のエアポート 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。