2012年09月12日

リスボン点描

 
中心街を離れると、リスボンはすぐに上り坂が始まります。道行く人たちといっしょに坂道を上っていくのは、市電の28番線〔写真〕。乗ってしまえば楽そうだけど、私とカメラマンは街の撮影があるので、頑張って歩くことにしました。


古い教会が見えてきました。教会を越えると、どんどん狭い路地に入っていきます。やがてその先に「Alfama(アルファマ)」という文字。リスボンで最も古いこの一帯の地名です。道幅が本当に狭いので、市電が通るときは壁にへばりつくようにして除けなければなりません。電車の窓からは、乗客たちが身を乗り出してカメラを構えています。乗っている人のほとんどは観光客なのでしょう。反対に坂道を歩いているのは、地元の人たち。目の前を、若い人も老人も、ゆっくりゆっくり上っていきます。

「こんなに狭い場所でドライブするんじゃないよ!」

電車のあとに入ってきたクルマに向かって、買い物カゴを下げたおばさんが怒鳴りました。ずいぶん威勢がいい。市電はリスボンの名物なので受け入れても、排気ガスをまき散らすクルマには我慢できないのでしょうか。

ふと、あることに気づきました。老人たちは、坂をまっすぐには歩きません。右の壁から左の壁へ、反対に左から右へ、ジグザグに歩きながら少しずつ坂を上っていきます。山を登るときの歩き方と似ているな、と思いました。それでも疲れたら、荷物を置いて民家の敷居に腰をかけてひと休み。リスボンでは、誰もが自分のペースで暮らしているようです。

S.Akimoto at 23:48│ヨーロッパの旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。