2012年08月11日

『空港の大研究』

 
PHP研究所より、学校や子どもたち向けの図書『空港の大研究』が刊行になりました。これは、2008年11月に出した『飛ぶしくみ大研究』の姉妹編です。“空の玄関”として機能するだけでなく、最近はレジャースポットとしても注目を集めている空港について、「空港の施設や設備」「空港で活躍する人と仕事」「世界とつながる空港」の三つの視点から解説。本日より、全国の書店で発売です。


前著『飛ぶしくみ大研究』は、たくさんの子どもたちに手にとっていただきました。夏休みの自由研究の参考にと、各地の図書館ではこの時期になると予約待ちでいっぱいになるそうです。本書で取り上げたのは、旅客機だけではありません。グライダーや熱気球のほか、子どもたちの遊び道具である凧やペットボトルロケット、シャボン玉、さらにフリスビーや野球のボール、そして自然界の鳥やコウモリ、昆虫にまで研究対象を広げ、それらがなぜ飛ぶのかをわかりやすく解説しました(2008年11月12日のBlog参照)。

今回は空港をテーマに、ターミナルを探検したり、濃霧の中でも旅客機が安全に着陸できるヒミツなどを研究しています。空港では、私たちの目に触れない場所でどんな人たちがどんな活躍をしているのか? そんな「空港の仕事」についても、現場の人たちの声を交えながら紹介しました。2,940円(税込み)とちょっと高い本ですが、もうしばらくすると地域の図書館にも並び始めると思いますので、空の世界に興味をもつお子さんがいる方はぜひ手に取って開いてみてください。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books














About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。