2012年06月27日

衛兵交代式と36市街

 
昨日は14時にハノイ国際空港に到着。空港から市内のホテルに向かう途中で、ベトナムの民族的英雄であるホーチミン主席の遺体が安置されているホーチミン廟に寄ってみたら、ちょうど衛兵の交代式を見ることができました〔写真〕。衛兵交代はヨーロッパでもときどき見学し、厳かな儀式だなと感じていましたが、ハノイでのそれはちょっとゆるやか。向き合った衛兵が小声で私語を交わし、一人がクスッと笑った一瞬を見つけて、こちらも思わず笑みがこぼれます。


ホテルにチェックイン後、ディナーは市内のベトナム料理レストランでブンチャー(ブンという麺を焼いた豚肉入りの付け汁といっしょに食べるハノイ名物の料理)や揚げ春まきなどを満喫し、夜は旧市街を歩いてみました。

ここで有名なのは、ハノイで最も多くの外国人旅行者が訪れるというエリア「36市街」です。サンダルはサンダル専門通りに、仏具は仏具専門通りに──と、それしか売っていない店が通りごとに集まっています。全部の通りを総合すると、まるで超巨大なスーパーマーケットのよう。地元の人もふつうに買い物をしています。四方八方から走り来るバイクの群れをよけ、モノ売りの天びんおばさんにぶつかりながら、私もあちこちをぶらぶら。たまに方向感覚を失って迷子になりますが、それがまた楽しい。うまく分業したなあと感心するほど、通りによって本当に売っているものが違う。一軒くらい異なる種類の店が混じっていないか探してみたけれど、見つかりませんでした。

さて、1泊だけの慌ただしいハノイ滞在を終えて、これから再び空港へ。ベトナム航空の就航初便(VN552便)に乗って、中国・成都に向かいます。

S.Akimoto at 08:04│アジア・太平洋の旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books