2012年06月26日

グローバルでローカル

 
世界にはどれくらいのエアラインが存在するのか? その数は、おそらく1,200以上。なかには貨客専門だったり、得体の知れない会社も混じっているので、実際に乗ることができるのは800社くらいでしょうか。日本に就航しているエアラインはそのうちの60社程度で、残る740社は、私たちにはほとんど縁がありません。


日本に就航していないエアラインのことを、よく「オフライン」などと呼びます。そんなオフラインを求めて世界を旅できたらヒコーキ好きとしては最高なのですが、もういまとなってはなかなかチャンスがありません。でも、日本に就航しているエアラインの、日本とは関係ないローカルな路線にトライしてみることは可能です。

今週は、そんな「グローバルでローカル」な空の旅に出かけます。まずはいまから、成田を10時30分に発つベトナム航空のVN311便で、ハノイへ〔写真はハノイ線で運航しているエアバスA330-200=チャーリィ古庄氏撮影〕。ベトナム航空は明日6月27日にハノイから中国・成都への路線を新規に開設することになり、急きょその就航初便を取材をしてみることになりました。

アジアの伝統とフランス様式の建築が合体した街並みが美しいハノイは、ベトナムの政治・文化の中心都市です。一方の成都は中国・四川省の省都で、古くから「天府の国」として栄えてきました。その二つの都市を、どんな人たちがどんな目的で行き来するようになるのか。それぞれの地元では、明日からスタートする新路線にどんな期待を寄せているのか。私自身もこのグローバルでローカルな空の旅を楽しみながら、じっくりと取材してきたいと思います。

S.Akimoto at 08:57│世界のエアライン | 就航路線
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら新聞・雑誌、Web媒体などにレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『これだけは知りたい旅客機の疑問100』『ボーイング787まるごと解説』(ソフトバンククリエイティブ/サイエンスアイ新書)や『航空大革命』(角川oneテーマ21新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books












About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。