2012年05月20日

空飛ぶあんぱん

 
少し前の話になりますが、4月22日に成田からボーイング787で就航したJALのボストン線初便に搭乗した知人から「私ももらいましたよ、成田あんぱん。ボストンに着いてから食べましたが、おいしかったです!」と報告が届きました。


上の写真。「成田ソラガール」の3人が手にしているのが、彼女らが地元商工業や農業関係者と1年かけて共同開発を進めてきた「空飛ぶあんぱん」です。無添加のヘルシーな餡(あん)に成田ブランドのさつまいもがふんだんに使われていたり、地元産の古代レンコンや名物「鉄砲漬」がトッピングされていたりと、ご当地あんぱんとしての個性を強くアピール。これが、JALのボストン線初便の搭乗者に提供される記念品の一つに採用されました。

開発に取り組んできた成田ソラガールとは、成田市の女性職員有志で結成している“地域おこし”グループ。以前に何度か紹介した「成田空援隊」の下部組織にあたります。先日、ソラガールの一人ひとりと話してみて、空港のある地元成田にみんな心から愛着をもっていることを実感しました。その愛情が、完成したあんぱんにもたっぷり注がれています。

今年7月からは「ハード生地さつまいも」「レンコンさつまいも」など計4種類の成田あんぱんが市内で発売されることも決まりました。成田から海外へ飛ぶ際には、彼女たち渾身の作品をぜひ試してみてください。

S.Akimoto at 11:11│世界のエアポート 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books














About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。