2012年05月05日

747-8初号機がFRAへ

 
ゴールデンウィークも残すところ今日と明日の2日間のみ。みなさん、どんな休日を過ごしていますか? さて、この連休中もエアライン関係のニュースがいくつか届きました。その一つが、ジャンボ機のニューバージョン──ボーイング747-8インターコンチネンタルの1号機納入です。


納入された先は、同型機のローンチカスタマーであるルフトハンザです。1号機は4月25日にシアトルで受領し、5月1日に現地を出発〔写真=ボーイング提供〕。翌5月2日にルフトハンザが本拠を置くフランクフルトに到着しました。「空港には多くのルフトハンザ関係者や取材陣が集まり、賑やかにセレモニーが行われた」と、地元の記者から報告が入っています。

747-8は747-400と比較して燃料効率が向上し、座席当たりの拝ガス量を16%削減、騒音も30%軽減しました。この「地球にやさしい次世代ジャンボ」が、いよいよ6月1日にフランクフルトからワシントンD.C.へのLH418便で世界デビューを果たします。

現在私は、日本人の間でとくに根強いファンの多い747ジャンボ機に関しての新著出版を計画しています。その関係で747-8についても、航空写真家のチャーリィ古庄氏をともなっての撮影申請を出しているのですが、まだ取材許可がおりていません。デビューフライトの取材はちょっと難しそうですが、できるだけ早い時期にドイツに飛び、みなさんにも報告できればと思っています。

S.Akimoto at 13:44
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books