2012年02月24日

NYのメディアで

 
2011年11月にデビューしたボーイング787“ドリームライナー”のフィーバーぶりも、ここへきて一段落かな? そう思っていたら、最近またにわかに盛り上がりつつあるようです。ANAが羽田/フランクフルトなど長距離国際線での運航をスタートし、この旅客機の本当の意味での真価が発揮されはじめたからかも知れません。


著書『ボーイング787まるごと解説』(サイエンス・アイ新書)も今月に入って『毎日新聞』7日付け朝刊の生活文化欄で紹介されたほか、旅行業界紙大手の『週刊トラベルジャーナル』誌でも2月13日号で大きく取り上げられました。ラジオでは先週土曜日に子ども向け科学番組「大村正樹のサイエンスキッズ」にゲストで呼ばれ、787をテーマに大村さんとトーク。明日の25日にもその後編がオンエアされます。そして今日、787フィーバーは海を越え、アメリカ・ニューヨークでも著書が紹介されました。

取り上げられたのは、現地で発行されている日本語紙『週刊NY生活』。2004年に創刊以来、ニューヨーク駐在の日本人ビジネスマンや学生などに広く読まれているフリー紙です。現在はデジタル版の配信も始まり、世界中どこでも読めるようになりました。

ネットで同紙デジタル版にアクセスすると、映画『鉄の女』でアカデミー賞候補になっている女優メリル・ストリープさんが表紙の本日配信の最新号が〔写真〕。その第20面のBOOKSコーナーで、詳しく書いてくれています。現地でも多くのニューヨーカーたちが、787の就航を心待ちにしているのかも知れません。

S.Akimoto at 10:22│書籍・読書 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books