2012年02月18日

真冬のソウルより

 
さっき外に出て温度計を見たら、なんとマイナス6度! 寒いというか、空気が肌に突き刺さって「痛い」という表現のほうが合っている感じで、あわてて空港内のカフェラウンジに逃げ帰ってきました。ここでいま発着する旅客機をウィンドウ越しに眺めながら、3月15日に刊行する新著『みんなが知りたいLCCの疑問50』の「まえがき」を書き進めています。


韓国・ソウルの仁川国際空港に来ています。週末にうまいこと時間が空くことになって急きょ計画し、5日前にチケットを予約して。個人的な取材テーマで人に会わなければならない用事があり、ついでに最新のLCC動向を視察しておこうと思い立ちました。昨日の夕方の便で到着したのですが、こっちは東京に比べてもさらに寒い。冬だし、ソウルだし、当たり前なのですが。

ぼちぼち切り上げてソウル中心街に向かいますが、午後から3時間いただけで、今日も日本からいろんな航空会社の便がここ仁川にやって来ました。まずは関西からチェジュ航空〔写真〕が、続いて成田からイースター航空が、そして札幌からはジンエアーが。18時を過ぎると昨年12月に就航したばかりのティーウェイ航空も福岡から到着します。そのいずれもが、破格の運賃で空の旅を提供しているLCC。「週末旅行で関西から来ました」という若いグループと先ほど少し話をしてみました。LCCは旅のスタイルを──というより、人々のライフスタイルそのものを変えつつあるなという印象です。

さて、いまから韓国カルチャー誌の編集長と会うため、各国大使館などがある梨泰院(イテウォン)エリアの待ち合わせ場所へ地下鉄で移動します。「とっておきのおいしい店に案内する」と彼は言っていましたが、どこに連れていかれるのかな? こっちの人はお酒も半端じゃなく強いので、潰されないようにしないと(笑)。それにしても、うぅ、外は本当に寒そう。

Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE夢文庫)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(SBクリエイティブ/サイエンスアイ新書)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
Contact
仕事依頼などの相談・問い合わせはお気軽にどうぞ。当Blogへのご意見・ご感想もお待ちしています。下のフォームをクリックして画面を呼び出し、ご記入のうえ、送信してください。後ほど連絡させていただきます。

Form
Books














About Link
Blog『雲の上の書斎から』はリンクフリーです。必要に応じて以下のお好きなバナーをご使用ください。リンクされた場合は上記 Contact Formよりご一報いただけますと嬉しいです。