2011年08月01日

成田写真三昧の旅

 
成田空援隊、というのをご存知ですか? これは日本の空の玄関口として世界につながる成田の魅力をPRするため、2010年に地元の有志と成田市、成田空港が手を組んで発足した“地域おこし”のグループです。これまでご当地グルメの開発や映画・テレビのロケ誘致、空港見学ツアー開催といった活動を推進してきました。


写真は、成田空港A滑走路に一番近いホテル──マロウドインターナショナルホテル成田(以下、マロウド成田)です。今週末の8月6日(土)と7日(日)にはここで、航空写真家・チャーリィ古庄氏による旅客機写真の撮影会&セミナーイベント「成田写真三昧の旅」が開催されます。

講師役の古庄氏も、じつは成田空援隊のメンバーの一人。彼は活動ベースを成田に移して以来、地元・成田のPR活動にも積極的で、成田空援隊とマロウド成田とのコラボによる同イベントも航空ファンの間ではすっかりお馴染になりました。これまではホテルの屋上を開放しての撮影会でしたが、今回は真夏の開催ということもあって、エアコンの効いた滑走路に近い部屋が撮影用に用意されるそうです。日帰りプランと宿泊プランがあり、宿泊プランの参加者は成田でいまだ誰も撮影したことのない“秘密”のスポットにも案内されるとか。そして夕方からは参加者全員が集まって、食事をしながら撮影した写真を見たり、交流を深めたり──楽しそうな企画が盛りだくさんです。

そして私も、古庄氏との共著による『ANA旅客機まるごと大百科』と『JAL旅客機まるごと大百科』の発売を記念し、同イベントに特別ゲストとして参加することになりました。カメラファンのほか、旅行好きの方や広い意味での航空ファンの方もたくさん集まるそうですので、夕方からの交流会ではみなさんの質問に答えたり取材の舞台裏など普段あまり披露できない話もお伝えするつもり。古庄氏とのトークショーなども計画されています。

同イベントの定員は先着50名で、まだ若干の空席があると聞きました。参加を希望される方はこちらをご参照ください。週末にみなさんとお会いできること、私も楽しみにしています。

S.Akimoto at 06:24│エアポート | サービス・設備
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books