2011年05月19日

エアプサンが成田就航

 
韓国系のLCC、エアプサンが6月23日(木)より成田でデビューします〔写真〕。発表された成田/釜山の運賃は往復で9,900円。安い! 週末だと5,000円アップするので、平日のぶらり韓国が狙い目でしょう。スケジュールは成田発が13時55分で、釜山には16時15分着。エアバスA321でのデイリー運航です。


エアプサンは韓国第2のエアライン、アシアナ航空グループのLCCです。ソウルに次ぐ大都市・釜山を拠点とし、日本線は関西および福岡から釜山への定期便でスタートしました。日本の新聞や済州の清浄岩盤水とオレンジジュースは無料で、関西線ではたしか無料で軽食も出たと記憶しています。就航以来、利用者を増やしているのも、こうしたLCCとは思えない充実したサービスが人気だからでしょう。

また韓国内では釜山とソウルの間で約1時間おきにシャトル便を運航し、ソウルへの移動もスムーズ。成田/釜山は燃油サーチャージや諸経費を含めても1万8,000円を切るので、この夏は久しぶりに韓国旅行もいいかも知れません。

S.Akimoto at 00:11│世界のエアライン | 国内の旅
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books