2011年05月13日

ドレミファ、はどこへ?

 
ソラシド──って、何これ? と口から出たのが第一声でした。それから「ドレミファはどこ行ったの?」という突っ込みが入って。昨日のことです。スカイネットアジア航空が今年7月から導入する新しい企業ブランド名を発表しました。


機体のデザインも「ソラシドエア」に順次変更していくと聞いて、前半の「ドレミファ」じゃダメなのって真剣に思ったら、そうではありませんでした。ソラシドは、英語で書くと「Solaseed」。日本語の「空」と英語の「種」を組み合わせて「空から笑顔の種をまく」との意味なのだとか。なるほどね。

ちなみに上の写真は、スカイネットアジア航空の現在の機体デザインです。ボディの底に引いた濃紺のラインは水平線で、機首から尾翼にかけて太陽やヤシの木のイラストが。宮崎に本社を置く南国のキャリアにふさわしいカラーリングで、CGデザイナーの小関資朗さんが手がけました。

いまのデザインは見慣れていただけに、ちょっと残念な気もしますが、新しいデザインにもすぐ慣れるのでしょうね。JALの鶴丸復活が発表されたときも、“太陽アーク”のマークにせっかく馴染んだのにと反発しましたが、鶴丸機体が飛び始めると「やっぱりJALらしくていいねえ」なんて思うようになりました。当たり前のことですが、問題は中身です。JALもスカイネットアジア航空も、ガンバってください。

S.Akimoto at 19:28│日本のエアライン | 航空機
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books