2010年05月15日

航空写真に挑戦

 
前回のBlogでも報告したように、一昨日は航空写真家のチャーリィ古庄さんとともに朝から成田空港へ。来月15日に発売になる私の新しい著書『ボーイング777機長まるごと体験』(サイエンス・アイ新書)のための撮影を行ってきました。


現場には別の取材班も来ていて、そのカメラマンも私の知り合いでした。航空写真の分野では、やはり実績のある人です。

私はディレクターの立場で撮影に立ち会いましたが、ただ見ているだけでは退屈です。一眼レフカメラは持参していましたので、二人のベテラン写真家の仕事ぶりを見よう見まねで、私も航空写真にチャレンジ。その様子を、ちょうど出発していく便に乗務していた機長が見ていたらしく、あとでメールが届きました。

「秋本さん、今日の午前中、駐機スポットで取材してたでしょう。ブッシュバックされていくときにコクピットから見かけましたよ」

うわ、知らなかった。知ってたら、もう少しカッコよくカメラを構えるポーズをとったのに(笑)。

さて、スポットでのシーンの撮影を終えたあとは、滑走路の反対側に行って今後は離陸シーンを狙います。巨大な超望遠レンズを向ける二人のプロの動作をみながら、私も200ミリレンズに付け替えていくつか撮ってみました。足を肩幅まで開いて膝に力を入れ、機体の動きに合わせてゆっくりとカメラを動かして。上の写真はその1枚ですが、ピントがちょっと甘いようですね。う〜ん、難しい!

S.Akimoto at 22:27│エアポート 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books