2010年03月27日

オフラインの旅の誘い

 
オフライン、という言葉をご存じですか? 日本には就航していない──つまりその国のその都市に行かないと体験できないエアラインを、こう呼びます。日本に乗り入れているエアラインは60社ほどありますが、未就航のエアラインを含めるとその数は15倍から20倍に! きっと私たちの知らない、アッと驚くような会社が世界には数多く存在するのでしょう。


そんな“オフライン”を求めて世界中の空を旅してきたのが、先日のBlog「大空が恋しい」でも紹介した航空写真家のチャーリィ古庄さんです。彼はこれまで150以上のエアラインに搭乗し、『月刊エアライン』(イカロス出版)に「世界オフライン紀行」と題する搭乗レポートを連載してきました。

「私は仕事というよりも、“アドベンチャー”だと思って撮影旅行を続けている」

チャーリィ古庄さんはよくそんな言葉を口にします。仕事ではなく、アドベンチャー。いい響きですね。その連載をベースに、未発表の写真やストーリーを加えて1冊にまとめた彼の新著『世界ヒコーキ紀行』(同)がこのたび刊行になりました〔写真〕。

私も、さっそく読みました。写真を眺め、遠い異国の地に心を解き放って。これはオススメです! みなさんも本書の表紙を開いて海外の僻地へ出かけ、ふだん体験できないレアな旅と、少しばかりの冒険を味わってみてください。

S.Akimoto at 21:50│世界のエアライン | 書籍・読書
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books