2009年12月10日

啓徳空港の思い出

 
香港へ飛ぶ用事があるとき、私は必ず右側の窓側席をリクエストしていたことを思い出します。前方に目的地が見えてくると、旅客機は少しずつ高度を下げて空港へ進入し、着陸直前になって右に急旋回。右側の窓からは九龍の繁華街が手の届きそうな距離に見え、スリル満点でした〔写真〕。


それも、もう遠い昔の話です。旧香港国際空港──通称「啓徳(カイタック)空港」は1998年、香港の中国返還の1年後にその役割を終えました。

世界には、本当にさまざまな空港があります。毎日25万人が利用する世界一巨大な空港から、海岸線の砂浜に小型機が水飛沫をあげて着陸する空港まで。取材中に、敷地内で地ビールを製造している空港にも出会いました。

間もなく刊行になる新著『みんなが知りたい空港の疑問50』(サイエンス・アイ新書)では、第5章に「世界の空港を探検する」という項目を設け、私がこれまで訪れた各国のユニークな空港を紹介しています。いよいよ来週、発売です!

S.Akimoto at 10:26│エアポート 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books