2009年11月26日

サンタの入国審査

 
クリスマスまであと1カ月。今週初めには早くもサンタクロースが本場フィンランドから来日しました。ソリではなく、飛行機に乗って。“サンタクロースのオフィシャルエアライン”を自認するフィンランド航空が毎年、自分たちの国をもっとよく知ってもらうための親善大使としてサンタクロースを招待しています。今年は7年ぶりに成田空港に降り立ちました〔写真〕。


空港ロビーでは、出発を待つ旅行者たちに「コンニチハ」と日本語で声をかけて手を振ったり、記念撮影に応じたり。子供たちにはチョコレートが配られ、成田はひと足早いクリスマスムードに包まれていました。今後は本格的なクリスマスシーズンに向けて、東京、名古屋、大阪を中心に幼稚園や医療センター、各地のイベント会場などを訪問する予定だそうです。

ところで、サンタクロースといえども、日本に入国する際にはイミグレーションでの審査を受けなければなりません。空港ロビーに姿を現す前には当然、彼も他の外国人旅行者と同じように入国手続きを行いました。

「滞在の目的は?」
「どこに何日間の滞在予定ですか?」

入国審査官はパスポートの写真とサンタの顔を見比べながら、いつものきりっとした態度でそんな質問をしたのでしょうか? 考えたら、ちょっとおかしくなりました。

S.Akimoto at 23:35│世界のエアライン | 航空機
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books