2009年09月30日

建国60年の中国

 
今日で9月も終わり。秋の気配も色濃さを増してきました。明日10月1日に隣の中国では建国60周年を迎え、首都北京を中心にさまざまな行事が予定されているようです〔写真は2005年の国慶節の時期に訪ねた北京。天安門から故宮博物院への長蛇の列に、人口の多さを実感しました〕。


2008年夏には北京五輪も開催され、中国はここ数年で激変しました。GDP(国内総生産)では2007年にドイツを抜いて世界第3位に。経済危機で世界全体がマイナス成長に転じるだろうといわれる2009年度も、中国はなお6%超の成長率を維持し、2010年には日本を抜くという予測もあります。

ただしGDPを国民一人あたり数値でみると、中国はまだ日本の10分の1程度。これは日本の1975年当時とほぼ同じレベルらしい。そして、かつての日本がそうであったように、経済成長の陰では貧富の格差拡大や公害などの問題が深刻化しつつあります。

良くも悪くも、中国は今後もドラスティックに変化しつづけていくことは間違いありません。私はこれまで、アメリカやヨーロッパの取材に多くの時間を割かれ、アジア──とくに中国取材に関してはあまり腰を据えて取り組むことはできませんでした。その「中国」をこの秋からは重要な取材テーマの一つに加え、各地の特徴ある街の様子やそこで暮らす人々、そしてもちろん成長著しい中国系エアライン各社の情報なども交えて報告していく予定です。

S.Akimoto at 23:12│アジア・太平洋の旅 
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books